近年、有名人が発症して公表するケースも増えているため、前立腺がんの認知度も高くなっていますが、みなさんは前立腺がんについてどれほどのことを知っていますか?

前立腺がんは男性特有の病気で、年齢が増加するために患者数も増えています。

日本では高齢化社会の影響もあって前立腺がんの患者数は急増しています。

今後も増え続けることが予想されるため、知っておいた方が良い病気でもあります。

そこで今回は、前立腺がんについての原因や初期症状、治療方法、余命、発症した有名人などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

前立腺がんとは?

出典:https://www.google.co.jp/imgres?

まず、前立腺とは栗の実の形をした男性の精液の一部をつくる臓器のことで、男性のみにしかありません。

前立腺は膀胱の下・直腸の前にあり、左右の部分に分けて左葉、右葉と呼ばれることもあります。

前立腺がんとは、前立腺の細胞が何らかの原因によって増殖を無秩序に繰り返す疾患のことです。

前立腺がんの患者数は年齢と共に増加していき、65歳以上の方に特に多くなっています。

また、80歳以上になると20%前後の人に前立腺がんが認められると言われているほどです。

前立腺がんは進化が比較的ゆっくりのため、寿命に影響が出ないと考えられているものもありますが、逆に速く進行するものもあります。

病状が進行するとがんは大きくなり、前立腺をおおっている膜を破って、精のうや膀胱などに浸潤していくものもあります。

また、前立腺がんの細胞は血液やリンパ液の流れに乗って移動して、他の場所に転移することもあります。

前立腺がんを発症する原因は?

出典:https://www.google.co.jp/imgres?

前立腺がんを発症する原因は一体何なのでしょうか

前立腺がんが発生するメカニズムは、正確にはまだ解明されていません。

しかし、前立腺がんになりやすい危険因子はいくつか分かっていましたのでまとめてみました。

①加齢

前立腺がんは年齢の増加と共に患者数も増加しており、その中でも60歳以上になると急激に患者数が増加しています。

これには、ホルモンバランスの変化も影響しているのではないかとの見方もありますが、はっきりとは分かっていません。

加齢が原因と考えられていますので、50歳を過ぎたら前立腺がんの危険性が高まると考えて、定期的に検診を受けるようにしましょう!

②遺伝

家族の中でも、父親や兄弟に前立腺がんを発症した人がいる場合は、前立腺がんを発症する確率が高くなっています。

そのため、あてはまる人は特に注意が必要です!

③生活習慣

日本人と比べると欧米人の方が前立腺がんの患者数が多くなっています。

そのため、食の欧米化が前立腺がんの原因と考えられており、動物性脂肪の多量摂取の中でも、赤身肉や乳製品の摂取の関連があると言われています。

※多くのがんの発症原因として、喫煙との関係が上げられていますが、前立腺がんの場合はまだはっきりと明らかになっていません。

前立腺がんの初期症状は?

出典:https://www.google.co.jp/imgres?

前立腺がんの初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、早期の前立腺がんの場合は自覚できる症状はほとんどありません。

自覚できる初期症状が出てくるのは、がんが進行してからで尿が出にくくなったり、排尿する時に痛みが出たり、血が混じるなどの症状があらわれます。

その後、がんがさらに進化すると骨に転移するため、骨痛があらわれることもあります。

がんが早期の頃は、自覚できる初期症状がありませんので、定期的な検診を受けることが大切となります!

スポンサーリンク

前立腺がんの検査方法は?

出典:https://www.google.co.jp/imgres?

前立腺がんの主な検査方法は①PSA検査と、②直腸診です。

これら2つの検査にて前立腺がんが疑われた場合には、経直腸エコーや前立腺生検などを行ってさらに詳しく調べていきます。

①PSA検査

PSA検査とは、前立腺がんを発見するためにはもっとも有力な検査とされています。

がんや炎症などによって前立腺組織が破壊されると、PSAが血液中に漏れて増加します。

そのため、PSA値を血液検査で調べることによって前立腺がんの可能性が分かります。

PSA検査ですが、検査するためにわざわざ遠くの大きい病院に行く必要はなく、多くの病院で簡単に受けることができるそうですので、かかりつけ医にて相談してみてくださいね。

また、前立腺がんの疑いがあってPSA検査を受ける場合には保険診療になりますが、自覚できる症状が何もなくて検診として受ける場合は自費となります。

人間ドックなどのオプションとしてPSA検査を受けることもできますが、その場合の金額はだいたいですが2,000円~3,000円が相場となっているようです。

地域の自治体の前立腺がん検診になると、無料の地区もあったり500円~2,000円程の自己負担がある地区もありますので、お住まいの地域ではどうなっているのか、確認してみてくださいね!

なお、検査結果は1週間ほどで出ますが、早い所ではその日のうちに結果が出る所もあります。

②直腸診

直腸診とは、医師が直接肛門から指を挿入して前立腺の状態を確認する検査です。

この検査によって左右が非対称であったり、前立腺の表面に凹凸があるなどした場合には前立腺がんである可能性が疑われます。

前立腺がんの治療方法は?

出典:https://www.google.co.jp/imgres?

前立腺がんの治療方法は大きく分けると①ホルモン治療、②手術、③放射線治療の3つがあります。

それぞれについて詳しくまとめてみました。

①ホルモン治療

前立腺がんのほとんどが男性ホルモンの影響を受けて成長するため、ホルモン治療は前立腺がん治療の基本となっています。

そもそも男性ホルモンとは、下垂体という脳の一部から生産されるホルモンにより刺激を受けて精巣から95%、副腎から5%分泌するとされています。

ホルモン治療とは、この男性ホルモンの分泌を抑えることによって、前立腺がんを小さくしようとする治療方法です。

ホルモン治療にもいくつか方法があり、両側の前立腺がんを取る去勢術や、注射によりホルモンの分泌を抑えるLH-RHアナログという方法、男性ホルモンを抑えるために女性ホルモン剤などを内服する方法などがあります。

これらを単体ではなく、組み合わせて治療する場合もあります。

ホルモン治療は短期間で見ればとても有効なものですが、男性ホルモンとは関係なく前立腺がんが成長してしまうこともあります。

そのようになってしまうとホルモン治療では対応できないため、根治的治療方法が選択されることになります。

②手術

がんが前立腺内にとどまっている場合は、手術によってがんを取り除く方法もあります。

この手術では、下腹部を切開して恥骨の裏側にある前立腺を摘出して、膀胱と尿道をつなぎあわせ、同時にリンパ節への転移の有無を調べます。

手術の前にホルモン治療を数ヵ月行って、がんを小さくしてから手術を行う場合もあります。

近年は傷口の小さい腹腔鏡手術も選択されることもありますが、開腹手術と比べると摘出範囲が不十分となることもあるため、医師とよく相談する必要があります。

③放射線治療

放射線治療は、放射線を使用してがん細胞を殺す方法で、身体の外から前立腺に放射線を照射し6週間程度の治療期間がかかります。

がんが骨に転移すると骨痛があらわれることがあり、放射線を照射して痛みを緩和させることもあります。

※前立腺がんの場合、他のがんと比べると進行が緩やかなため、経過観察にて無治療の場合もあります。

しかし、前立腺がんは高齢者に多いがんですので、合併症などに注意する必要があります。

前立腺がんを発症してからの余命は?

出典:https://www.google.co.jp/imgres?

前立腺がんを発症してからの余命はどのくらいあるのでしょうか?

前立腺がんを発症し転移がなく根治的治療が出来た場合、5年生存率は90%以上でとても高い確率となっています。

5年生存率とは、がんの治療を終了してから5年間何事もなければ、治癒されたと見なされる目安です。

万が一、前立腺がんが転移してしまった場合でもホルモン治療や抗がん剤治療を行うことにより、余命を長期に延ばすことも不可能ではありません。

前立腺がんはがんの病状より、ステージⅠ~ステージⅣに分類されますが、5年生存率はステージⅡで約90%、ステージⅢでも約87%と他のがんと比べると高い確率になっています。

そのため、前立腺がんを発症しても早期発見であれば、長期の余命が期待できることが分かります。

スポンサーリンク

前立腺がんを発症した有名人は?

出典:https://www.google.co.jp/imgres?

前立腺がんを発症した有名人の方も多くいらっしゃいましたのでまとめてみました。

・歌手で俳優の西郷輝彦さん(71歳)

西郷さんは6年前にも前立腺がんを発症して全摘出手術を受けていましたが、2017年秋に受けた検査にてがんの再発が発見されました。

一般的にがんの治療を終了してから何事もなく5年が経過すれば治癒したと見なされますが、前立腺を摘出しても再発するケースはあるようですね。

しかし、西郷さんのようなケースであれば全摘出手術後から定期的に検査を受けていることが考えられて、早期発見である可能性がとても高く、治癒できる確率が高いようです。

現在は治療に専念しているとのことですが、再び元気な姿を見せて欲しいですね!

・お笑いタレントの間寛平さん(68歳)

間寛平さんは、前立腺がんを発症しながらもなんと、アースマラソンを完走しています。

2008年12月、アースマラソンは大阪のなんばグランド花月からスタートして、2011年1月に大阪城音楽堂でゴールしています。

移動距離は、陸上が2万kmで海上が1万6000km、合計3万6000kmにも及びました。

数字だけ見ても全く想像できません!

アースマラソンでは、さまざまな国を走り続けましたが、2010年1月にトルコにて前立腺がんが発見されました。

間寛平さんは前々からPSAの検査を定期的に行っており、2009年12月の検査結果が良くなくて再検査をして前立腺がんが発見されたようです。

アースマラソンの中止も考えられたそうですが、医師からの許可も出たためホルモン治療をしながらマラソンは続けられました。

そして2010年4月~6月に、アースマラソンを中断して、アメリカで放射線治療を行いました。

間寛平さんの前立腺がんは悪性度の高いがんであったそうですが、治療しながら見事にアースマラソンを完走し再発もせずお元気なようでなによりです。

前立腺がんと診断されながら、アースマラソンを完走した精神力がとても素晴らしいです!

・俳優の北村総一朗さん(82歳)

踊る大捜査線などでもお馴染みの北村総一朗さんですが、2013年8月に前立腺ポリープの内視鏡手術を受けた際に、前立腺がんのため前立腺全摘出手術が必要との診断が出て舞台を降板しています。

現在は、ブログなどでも元気な姿を見せてくれているようですね。

元気になって本当に良かったです!

・俳優の高倉健さん(享年84歳)

数々の名作に出演している高倉健さんですが、2009年頃に前立腺がんを発症して手術をしています。

手術後は定期的に検査をしていていましたが、その検査にて悪性リンパ腫が発見され闘病中の2014年11月にお亡くなりになりました。

高倉健さんの闘病は親しい関係者のみしか知らされていなかったため、突然の訃報に多くの人たちが悲しみに包まれました。

まだまだ活躍する姿を見ていたかったのでとても残念です。

その他の有名人としては、演歌歌手の三波春夫さんが前立腺がんを発症してお亡くなりになっています。

享年77歳でした。

お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

まとめ

出典:https://www.google.co.jp/imgres?

前立腺がんについての原因や初期症状、治療方法、余命、発症した有名人などについてのまとめはいかがでしたでしょうか?

前立腺がんは男性特有の病気で、65歳以上の高齢者に多くなっています。

早期発見であれば治癒できる可能性が高い病気ですので、50歳を過ぎたら定期的に検査をすることをおすすめします。

がんは遺伝する可能性も高くなっていますので、父親や兄弟に前立腺がんを発症した人がいる場合は特に検査を受けるようにしましょう!

どこで人間ドックを受ければ良いの?

がんの早期発見の重要性はわかるけど、人間ドックを申し込むにも、どこで受診すれば良いのかわからない。一番近い病院は?評判は?など悩みがあるかと思います。

最近では、人間ドックもインターネット上で予約できるようになっているため、手軽に近くの病院・予算がわかるようになっています。

そのような紹介サイトは複数ありますが、ここでは人間ドック・検診予約マーソを紹介します。
マーソをオススメする理由を簡単に説明しますね。
掲載数№1の予約サイト
人間ドック・脳ドック・PET検査(がん検診)など、健診の全てをオンラインで受け付ける事が出来る掲載数№1の予約サイトです。
全国を網羅しており、路線図から探すことができるのも便利ですよね!
掲載医療施設数、プラン数がとても豊富
ご希望のエリアやプランからお探しいただくこともできますし、医療施設やプラン選びに困った時はコンシェルジュが365日電話対応致します。
初心者でも安心ですね!
マーソで予約、受診するとTポイントが貰える。
Tポイントはお申込み金額の最大4%を還元してくれます。
(例:37,100円(税込)のご予約→1,484P)
 
人間ドック・検診予約マーソの公式サイト
 
がんは医療技術がどれだけ発達しても、やはり早期発見に勝るものはありませんので、少しでも体調に違和感など感じる方は受診を検討されてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!