女性は男性に比べると、ライフステージによって働き方、必要となるスキルなどが変化しやすいですよね。

たとえばバリバリと働いている独身時代にはビジネスに直結するようなスキルや資格が求められる一方、結婚や出産をする際には、それらを経て社会復帰する場合に仕事に活かせるスキルや資格が求められるようになることもしばしばです。

最近では、結婚や出産を機に一度仕事を辞められた方が、再就職する際に新たな資格を取得したり、前職で培った知識やスキルを活かしてさらに専門的なスキルや資格に挑戦される方もいらっしゃいますね。

そこで今回は、女性にとって武器となる資格について、詳しくご紹介してまいりましょう。

スポンサーリンク

資格を取るメリットとは

出典URL:https://www.bing.com/images/search?

一般的に資格を取るメリットとは、ズバリ自分の可能性を広げられることです。

たとえば現在就いている職業に活かせる資格、もっと言えばスキルアップできるような資格を取得すれば、仕事の幅が広がるだけではなく年収を上げることができるチャンスも生まれるわけですよね。

または今までとは全く違う業種の資格を取得するのであれば、今までとは違う自分の才能を開花させられるチャンスを得られますし、自分の活躍の場を広げられる可能性もあります。

資格と一言で言っても、そこには限りない可能性が秘められているのです。

資格取得のポイントとは

出典URL:https://www.bing.com/images/

それでは実際に資格を取得することを決意された方は、まず何を考えるべきなのでしょうか。

それは「何のために資格を取得するのか」ということです。

というのも、大体の方は今の生活の隙間時間を使って、それぞれの予算の中で資格を取得するために努力されることと思います。

その場合、限られた時間と予算の中で効率よく資格取得に向かって取り組み、最良の結果を得られるようにする必要があります。

その点を考えると、たとえば「年収アップさせたいから稼げる資格を取得したい」などの、「何のために」という目的意識を持って取り組むことがとても重要なのです。

それでは目的意識のほかに、すでにご紹介したポイントも含めて、資格取得の際のポイントをご紹介いたしましょう。

・自分が資格取得にどれだけの時間をかけられるかを明確にしておく

・その資格取得にどのくらいのコストがかかるのかを把握しておく

・自分の実力に合った資格を選ぶ

・今の仕事や希望の業種で活かせる資格を選ぶ

・ライフステージが変わっても長く活かせる資格かどうかを見極める

上記を参考に、ぜひ自分の中でどの資格を何のために取るのかを明確にして、資格取得の第1歩を踏み出してみましょう。

スポンサーリンク

女性に人気の資格とは

出典URL:https://www.bing.com/

それではここからは、女性に人気の資格についていくつかご紹介してまいりましょう。

医療事務

出典URL:https://www.bing.com/

医療事務は医療関係の仕事の中でも事務作業がメインの職種で、主に病院受付やレセプト作成、カルテ整理や管理、診療費の請求管理などを行います。

デスクワークということで年齢に関係なく長く働ける点や、正社員からパート、アルバイトまで勤務形態がさまざまあるため、非常に人気のある資格と言えるでしょう。

医療事務には医科、歯科、診療情報など細かな種類がありますので、自分の目指したい資格を選んで取得を目指しましょう。

・資格取得の難易度:試験はマークシートで在宅でテキストを見ながら受験可能のため比較的簡単に取得可能です。

・受験料:5,000円、ただしユーキャンなど受講していることで多少費用を抑えることは可能です。

なお、通信教育などの教材費等はこれに含まれません。

・必要な勉強期間:専門学校や講座を受け、平均4ヶ月で取得可能です。

・取得後に見込める収入:平均年収は300万円

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも問題ありません。

保育士

出典URL:https://www.bing.com/

保育士はどの時代でも人気の資格ですが、近年では待機児童問題や、少子化の中で子ども一人一人に手厚い育児を希望する方が増えたことにより、需要が増加している職業です。

この資格を取得していれば、保育士として保育園などで勤務するほか、ベビーシッターや保育ママなどでも活躍が可能となり、また出産や育児の経験がそのまま仕事に活かせるという点も女性に人気の理由でしょう。

・資格取得の難易度:比較的簡単に取得が可能です。

・受験料:12,905円、うち受験手数料は12,700円で受験の手引き郵送料が205円です。

・必要な勉強期間:平均して12ヶ月で取得可能です。

・取得後に見込める収入:平均年収は327万円

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも問題ありません。

介護事務

出典URL:https://www.bing.com/images/

介護職は超高齢社会になる今後さらに需要増加が見込める職種です。介護給付費明細書などのレセプト作成が主な仕事です。
一方で事務仕事以外にも介護者やそのご家族の接客などもする必要があり、マルチスキルが必要とされる仕事です。
大変な反面、一度取得すれば長く稼げる資格としてはおすすめです。

・資格取得の難易度:比較的簡単に取得が可能です。

・受験料:12,905円、うち受験手数料は12,700円で受験の手引き郵送料が205円です。

・必要な勉強期間:平均して12ヶ月で取得可能です。

・取得後に見込める収入:平均年収は300万円

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも問題ありません。

女性にとって武器となる資格とは

出典URL:https://www.bing.com/

さまざまある資格ですが、たとえば女性が就職、または転職をする際や、何らかの理由で一度職を離れた後に再就職をする場合、武器となる資格とは一体何でしょうか。

そこで次は女性にとって何かという時に武器となる資格をご紹介いたします。

登録販売者

出典URL:https://www.bing.com/

2009年6月施行の薬事法改正により誕生した国家資格で、ドラックストアや薬局でも需要がある職種であり、薬剤師に次ぐ薬のアドバイザーです。

この資格があればドラックストアや薬局で一般用医薬品の販売ができるという、専門資格です。

そのため、資格を取得することで資格手当が付いたり時給アップを狙えることから、年収アップを狙っている方にはおすすめです。

就職や転職でも強い武器となります。

・資格取得の難易度:各科目で都道府県が定める基準点以上、総得点の約7割以上が合格目安です。

・受験料:都道府県によって異なります。

・必要な勉強期間:平均して8ヶ月で取得可能です。

・取得後に見込める収入:平均年収は300万円~400万円

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも問題ありません。ただし一部では2年以上の勤務経験を必要とする場合があります。

FP(ファイナンシャルプランナー)

出典URL:https://www.bing.com/

金融関係や不動産業、保険業、住宅を扱う職業などのさまざまな業界で必要とされる資格で、就職や転職の際にはアピールポイントとして有効です。

資格を取得することで資格手当が付いたり社内でのキャリアアップを狙えることから、年収アップも望める可能性が広がります。

また、将来独立開業も目指せる点では女性にとって武器となる資格と言えるでしょう。

なお、FP(ファイナンシャルプランナー)資格には国家資格と民間資格があり、FP技能士は国家資格となり、1級から3級までのレベルがあります。

・資格取得の難易度:比較的取りやすいですが、試験には学科試験と実技試験があります。

・受験料:学科試験で4,200円、実技試験で4,500円です。

・必要な勉強期間:平均して6ヶ月で取得可能です。

・取得後に見込める収入:平均年収は300万円~400万円

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも問題ないですが、FPを受験できるのは日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者、または3級FP技能検定の合格者、またはFP業務に関して2年以上の実務経験を有する者です。

看護師

出典URL:https://www.bing.com/images/

言わずと知れた女性の資格で安定したものと言えば、看護師です。

看護師は国家資格であり、一度取得してしまえば年齢やライフステージの変化に合わせて一生働くことができます。

また、病院やクリニックだけではなく、介護施設や保育所などでも需要があり、幅広く活躍することができます。

・資格取得の難易度:国家資格というのもあり、かなり難易度は高いです。

・受験料:5,400円

・必要な勉強期間:准看護学校に2年間、看護専門学校に3年間

・取得後に見込める収入:平均年収は470万円~525万円

・未経験でも大丈夫か?:准看護士として5年間の実務経験があれば看護師になることが可能です。

スポンサーリンク

行政書士

出典URL:https://www.bing.com/

市民と官公署とをつなぐ法務と実務のスペシャリストが行政書士です。

国家資格で、法律関連の業務として書類作成業務や官公署への書類提出手続き代理業務、契約書等代理作成業務など扱える書類は数千種類もあり、業務範囲が広く、弁護士よりも市民に近い法律家となります。

独立・開業も将来的に臨めるほか、就職・転職にもかなり有利に働きます。

また近年は、行政書士法改正で「代理権」が付与され職域が拡大したこと、行政書士法人の設立が可能となる改正法の施行など、時代の流れはまさに追い風となっていると言えるでしょう。

ただし国家資格の中では難関試験として知られている行政書士ですので、しっかりと下調べをした上でコツコツと学び、着実に資格取得までのプロセスを身につけることが必要不可欠です。

・資格取得の難易度:かなりの難関試験のため難易度は高いですが、ほかの法律系の資格と比べると合格しやすい資格といえます。

・受験料:7,000円です

・必要な勉強期間:平均して学習期間は6ヶ月です。独学で合格するためには、だいたい1,000時間必要と言われています。

・取得後に見込める収入:平均年収は600万円

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも資格取得後から就職、転職では有利になりますし、開業も可能です。

社会保険労務士

出典URL:https://www.bing.com/

人事や労務管理、年金などさまざまな分野で活躍する社会保険労務士は国家資格で、企業の人事・総務部で活躍する勤務社労士と、独立・開業をして活躍する開業社労士の2つのタイプがいます。

雇用保険・健康保険・厚生年金保険といった各種社会保険に関する書類作成、手続代行業務のほか、賃金台帳・就業規則の作成、人事制度・退職金制度や年金についての相談、社員教育、労務管理に関するコンサルタント業務などを行います。

・資格取得の難易度:比較的解答しやすいマークシート方式で合格率は例年6%前後です。

・受験料:9,000円

・必要な勉強期間:平均して学習期間は7ヶ月です。

・取得後に見込める収入:平均年収は526万円~670万円

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも問題ないですが、社会保険労務士試験を受けるには、学歴か実務経験、厚生労働大臣の認めた国家試験の合格の3つのうちどれかを満たす必要があります。

おすすめの資格ランキング

出典URL:https://www.bing.com/images/

さまざまな資格をご紹介してまいりましたが、皆さんの中でピンとくる資格はありましたか?

もし、資格は将来のために取っておきたいけれど、まだ何を取得すれば決めかねているという方がいらっしゃったら、独断にはなりますが、筆者おすすめの資格をランキング形式でご紹介いたします。

ベスト5位:FP(ファイナンシャルプランナー)

取得後の活躍の場として営業的な要素は大きいため得手不得手は出てくるかもしれませんが、金融関係や不動産業、保険業、住宅を扱う職業などのさまざまな業界で通用するという点においては、職業を選ばず就職、転職、再就職活動をする上ではとても強みになりますし、女性のライフステージの変化にも対応することができるでしょう。

ベスト4位:行政書士

国家資格なので取得は難しいですが、ほかの法律系の資格と比べると合格しやすい資格であり、また一度取得してしまえば一生活用することができます。

また、資格取得後たとえば起業したいと考えた場合、自宅でもすぐに開業することができるのも魅力の一つです。

ベスト3位:食生活アドバイザー

結婚や出産、育児を経ていく中で、家事を行うことの多い女性に嬉しいのがこの食生活アドバイザーという資格ではないでしょうか。

暮らしにも直結して役立てることができるほか、食品メーカーや飲食店などの食に関わる企業や教育現場でも資格取得を推奨されていることもあり、活躍の場が多彩です。

食生活アドバイザー2級まで取得することができると資格手当が付いたり昇給、昇進を望むことも可能な場合があります。

・資格取得の難易度:しっかりと勉強すれば食生活アドバイザー3級の合格率は65%、2級は35%です。

・受験料:食生活アドバイザー3級は4,700円、2級は7,300円となっており、食生活アドバイザー3級と2級の併願は12,000円です。

・必要な勉強期間:平均して4ヶ月で取得可能です。

・取得後に見込める収入:多業種に亘っているため算出できず、業界によって差がある模様です。

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも問題なく、実務経験も不問です。

ベスト2位:登録販売者

登録販売者は国家資格で、今までは受験資格として学歴や実務経験が必要でしたが、現在はどなたでも受験できるようになり、とても狙い目の資格と言えます。

現在の薬剤師不足を補うことができる点からもニーズが高まっているため、注目の資格です。

ドラックストアや薬局などは日本全国どこにでもありますので、たとえ一度職を離れたとしても再就職先を見つけることが比較的楽であり、また引っ越しなどやライフステージの変化に対応して職場を選ぶ余地もほかの職業より融通が利く可能性が高いです。

それに加え、比較的デスクワークが多い仕事ですので、どの年代であっても無理なく働けることも魅力です。

ベスト1位:調剤薬局事務

医療事務よりも学習範囲が狭くて済み、比較的取りやすい資格であることや、結婚や出産などのライフステージの変化にも対応できる点が女性に人気の資格です。

主に薬局で受付や会計、電話対応などの業務を担当します。

一度取得してしまえば資格は一生有効という点もおすすめのポイントで、職場が薬局ということから、たとえ引っ越しをしたり、一度結婚や出産で退職したとしても再就職する際に大いに役立ちます。

・資格取得の難易度:比較的簡単に取得が可能、テキストを見ながら在宅受験も可能です。

・受験料:6,500円、なお、通信教育などの教材費等はこれに含まれません。

・必要な勉強期間:講座などを受け、平均4ヶ月で取得可能です。

・取得後に見込める収入:平均年収は300万円

・未経験でも大丈夫か?:未経験でも問題ありません。

こちらもデスクワークが多い仕事ですので、どの年代であっても無理なく働けることが魅力です。

まとめ

出典URL:https://www.bing.com/images/

いかがでしたでしょうか。資格と言ってもさまざまな分野のものがありますので、これだけの資格があると思うと、迷ってしまいそうですよね。

女性は特に、ライフステージによって働き方、必要となるスキルなどが変化しやすいので、その時々によっても必要と思われる資格が変化することもあります。

そう考えると「資格を取得したい」と思ったその時が資格取得を考えるチャンスともいえます。

何のために取得したいかを考えることによって、最終的に自分に合った資格を見つけ出すために、この記事が少しでもお手伝いできれば幸いです。

また、記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク